リンク広告

タイ・マレーシア 編

【タイ編】ルンピニー公園で朝食を!

投稿日:

 

タイで食事をするならば、屋台の利用も一度は体験してみたいものです。

異国の地の料理は、メニューの言語がわからない上に想像しにくいものも多くあります。

屋台であれば実物が目の前にあり、食べたいと思ったものを指さし注文で通ります。

路上でも屋台が見られるが、屋台が集まった屋台街なら見ているだけでも楽しい。

 

 

バンコクMRTシーロム駅前に、57.6万㎡(東京ドーム12個分以上)の緑豊かで広大なルンピニー公園がある。

ジョギングや体操をしている人も多く、プールやテニスなど運動施設や園内の池にレンタルボートもある。

さらに、フードコートや公園の周りに集まる屋台村で食事もとれる。

朝の散歩終わりに屋台で朝食にするのもいい。

しかし、敷地が広大過ぎるので食事をするなら、ある程度の場所は把握しておきたい。

公園に行けば分かるだろうと安易に思っていたが、結構、探し歩いた。

 

MRTシーロム駅とルンピニー駅の真ん中あたりに公園の南口があり、その付近に公園フードコートがある。

屋根付きの店がコの字型に並び、中央にテントと机が置いてある。

若干、イメージしていた屋台と違った雰囲気だったが、ローカル色満載の食事にありつけた。

店舗にもよるが、おおよそ朝6時〜10時頃まで営業している。

料理を物色していると、店員のおばちゃんが日本の雑誌(るるぶ or まっぷる?)に載ったこれはどうだ、という風に写真を見せてきた。

朝っぱらからと思いつつ勧められるままに、団子の入った中華麺(バミー)を食す。

あっさりした味と、爽やかな朝の心地で満足した。

 

 

 

見つけられなかったが、どうやら、屋台が建ち並ぶのは、公園北西のラチャダムリ通り沿いの駐車場付近にあるようだ。

こちらは朝と夕方も営業されているらしい。

ただ、バンコクの交通整備などの理由で屋台規制があり、屋台数も減少傾向にあるとの事。

 

 

 

体調の心配な方は、水や生ものは避け、よく火の通った料理を選ぶのが無難かもしれない。

 

 

ダブルレクタングル12

スポンサードリンク

楽天トラベル

-タイ・マレーシア 編
-, ,

Copyright© ボットラ! ボッチトラベラーの旅行計画 〜フィリピン・マニラ編〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.