リゾートビーチ

リンク広告

生活

英語習得にフィリピン留学という手も!

投稿日:

 

近年、英語の語学留学先にフィリピンが注目されているという。

アメリカやヨーロッパ、オーストラリアに行くより近く、物価も欧米より安いため費用を抑えることができる。

また、フィリピンの公共放送は英語中心であったり、アメリカ企業のコールセンターがフィリピンにあったりで、英語が公用語の一つになっていて英語力がある。

費用面だけでなく、授業はマンツーマン中心なのも魅力だという。

 

 

 

英語学校は、ルソン島のバギオやマニラ、セブやボラカイの島々、南部のダバオまで広くある。

500以上あるとも言われているが、政府登録していないものもあるので、正確な数値が分からないらしい。

フィリピンで英語を学ぶには、期間の長短に関わらず「SSP」という特別就学許可証を取る必要がある。

フィリピン政府が発行し、ほとんどの場合、学校が代行して申請している。

しかし、SSPを取らせないで学習させる学校も中にはあると言う。

これは違法行為であり、強制送還にもなり得るので、必ず取得確認をしなければならない。

また、学校はTESDA(フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁)に登録していなければなりません。

経営がしっかりしており、講師のクオリティが評価された学校が登録できます。

実績があっても、登録していないのは違法な学校ですので、避けた方が良いでしょう。
(2009年以前に設立の場合、TESDA登録が免除されている場合もある)

 

 

 

信頼あるところで手続きしたいものだが、留学エージェントも旅行会社や斡旋会社、現地学校など様々あり悩みどころでもあります。

手数料・キャンセル料の規定に差があったりもするので、しっかり比較検討したい。

また、選ぶ際には設立年数や実績のある学校・会社の他、日本人スタッフが常駐しているかや、寮が何人部屋か等も確認したい。

空いた時間にセブの海で遊びながら英語を習得したいと思っても、実際にそんな時間がなかったということがないように時間割・カリキュラムの確認も忘れてはならない。

ただ、目的が観光や遊びにならないように注意したい。

 

 

語学習得にはやる気の問題もあるが、環境を変えることでカバーできる場合もありそうな気がする。

一度体験してみるのもいいかもしれない。

 

 

 

ダブルレクタングル12

スポンサードリンク

楽天トラベル

-生活
-, , ,

Copyright© ボットラ! ボッチトラベラーの旅行計画 〜フィリピン・マニラ編〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.