マッカーサー像

リンク広告

観光

戦禍を見るコレヒドール島ツアー!フェリーで上陸

更新日:

 

コレヒドール島は、マニラからフェリーで約1時間半離れたマニラ湾にある小島。

ダグラス・マッカーサーの「I shall return」の舞台となった場所。
(1942年日本軍に敗れ、オーストラリアに逃れた時の発言。1945年戻って来て再占領する)

太平洋戦争時の戦禍が残っており、砲台、兵舎、武器庫の残骸の他、
太平洋戦争記念館や日本人慰霊碑などもある。

また、米軍司令部があったマリンタ・トンネルでは戦中の様子を再現し解説している。

 

 

コレヒドール島への観光は、現地の < サンクルーズ社 > が観光ツアーを行っている。
  ◆料金 ウィークデー :大人2,600ペソ、小人(3~11才)1,800ペソ
      ウィークエンド:大人2,800ペソ、小人(3~11才)1,800ペソ
  ◆行程 午前6:30 管理事務所にてチェックイン
      午前7:00 乗船開始
      午前7:30 マニラ側フェリーターミナル 出発
      午前9:00 コレヒドール島側フェリーターミナル 到着
        ~
      午後2:30 コレヒドール島側フェリーターミナル 出発
      午後4:00 マニラ側フェリーターミナル 到着
  ◆備考 島内を言語別ガイド付きのバスにて巡回
      ビュッフェ式昼食付き
      ※料金や時間等は、たびたび変更がありますので公式HPでご確認ください。

 

 

早朝6時、眠い目をこすりながら大型ショッピングモール「モール オブ アジア」を横目に歩く。

早い時間帯にもかかわらず、人を満載に積んだジープニーやトラック、自家用車が何台も通り過ぎる。

乗れるかわからないが、コレヒドール島行きのフェリーがあるターミナルを目指していた。

というのも、日本を出発する前からコレヒドール島観光をしたいと思っていたが、当時は公式HPの予約ページが閉鎖中であった。

電話で予約するスキルを持ち合わせておらず、旅行代理店の現地ツアーがあったが、価格が公式HPに比べ若干高いのと内容は同じという噂もあったので、ダメもとで当日にターミナルへ乗り込むことにした。

 

フェリーターミナルの管理事務所に到着すると、すでに多くの人が集まっていた。

受付がいくつかに別れていたが、「Corregidor」の文字を確認してそこの列に並ぶ。

拙い英語と身振り手振りで、係の女性に何とか伝わった様子。

出航時間となり、フェリーに乗船。

数百人乗れそうなフェリーの内部はエアコンが十分に効き快適。

島に着くと、即座に観光用バスに乗り換える。

バスと言っても、即座に乗り降りできるように横壁が無い小さいタイプだ。

指示されたバスに乗り込むと、流暢に日本語を話す現地ガイドのジイサンが案内してくれた。

車両には15人程の日本人がおり、客層は全て男性で戦中を体験したような年齢層が9割、学生さんが1人だった。

 

 

車窓から旧兵舎を望んだり、弾薬庫だった建物内を歩いたりした後、昼食をいただく。

ピンク色した灯台を眺めながら、テントの下でビュッフェ式で食べる。

ツアーの中には、島内のホテルのレストランで昼食するものもあるようだ。

14時頃桟橋付近に戻り、14時半にはコレヒドール島を後にする。

 

 

フィリピンの地で、日米の戦禍を目の当たりにするのは、複雑な気分にはなったが、木陰で感じる海風の爽やかさで浄化されていくようだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

ダブルレクタングル12

スポンサードリンク

楽天トラベル

-観光
-, , , , , ,

Copyright© ボットラ! ボッチトラベラーの旅行計画 〜フィリピン・マニラ編〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.